ファミリー

手続きを学ぼう

大田区で相続に関する相談をするのなら、大田区の弁護士事務所や法律事務所になります。評判が良く実績のあるところを選びましょう。相談によって手続きがスムーズにいくことがあります。また、悩みを解決することもできます。

詳しく見る

レディ

弁護士をきちんと選ぶ

B型肝炎給付金とはかつて広く行われていた集団予防接種によって感染した人を対象に支払われる損害賠償金のことです。訴訟を起こすので弁護士を雇う必要があります。弁護士費用や専門的な知識を持った弁護士やスタッフが在籍している事務所に依頼してみましょう。

詳しく見る

記事リスト

見直しをするのに役立つ

紙幣と電卓

名古屋で過払い金請求をしたいというのなら、名古屋の弁護士や税理士に相談してみましょう。その手のことに詳しい人に相談することが一番の方法です。スムーズに手続きをしてくれるだけではなく、かなりの額が戻ってくることもあります。

詳しく見る

トラブル時の味方

女性

多くの弁護士事務所では、あらゆる事例の慰謝料請求事案に対応してくれます。慰謝料請求したいけど費用を工面するのが難しい方は、無料相談を行っている弁護士事務所がありますので、そのような所で一度相談してみると良いでしょう。事務所によっては24時間、受付をしている所もあります。

詳しく見る

リスクを回避するには

男女

移転価格税制の課税リスクを回避するための制度で、事前確認制度(APA)がある。これは移転価格課税リスクをあらかじめ回避するために、取引に先立って企業が課税当局との間で国外関連者との取引価格が独立企業価格であるとの確認を得る制度のことである。「ユニラテラルAPA」と「バイラテラルAPA」の2種類ある。

詳しく見る

算定方法は目的に応じて

女の人

独立企業間価格の算定方法

移転価格税制で大きく関わってくるのが、「独立企業間価格の算定方法」です。今回は移転価格税制で関わってくる独立企業間価格の算定方法に関するお話です。算定方法は大きく分けて、4つあります。基本三法・基本三法と同等の方法・基本三法に準ずる方法・その他政令で定める方法の4つです。基本三法は棚卸資産の販売又は購入取引に用いる算定方法で、独立価格比準法(CPU法)・再販売価格基準法(PR法)・原価基準法(CP法)の3つの法律から成ります。次に基本三法と同等の方法とは、棚卸資産の販売又は購入取引以外の取引に用いる方法で、前述の3つの法律と「同等の方法」である事が定められています。次の基本三法に準ずる方法とは、基本三法又は基本三法と同等の方法を用いることができない場合に限り用いることができる方法で、前述の三法に準ずる方法であり同等の方法であることが定められています。次に、その他政令で定める方法とは、基本三法又は基本三法と同等の方法を用いることができない場合に限り用いることができる方法です。利益分割法(PS法)(比較利益分割法・寄与度利益分割法・残余利益分割法)。そして取引単位営業利益法(TNMM)の方法があります。移転価格税制は委託業務契約の内容によっては子会社がある国の法律に触れ、訴訟を起こされるリスクがあります。そうならない様に税理士の方のアドバイスをよく聞いて、この様な事態に備えましょう。以上が移転価格税制に大きく関わりを持つ、「独立企業間価格の算定方法」のお話でした。

Copyright© 2017 もしかして返還可能?過払いの問題を解決してくれる弁護士とは All Rights Reserved.