記事リスト

弁護士をきちんと選ぶ

レディ

訴訟を起こす必要がある

B型肝炎給付金というのは、昔の集団予防接種によってB型肝炎ウイルスに感染したことで支払われる損害賠償金のことです。感染によってB型肝炎になったという証拠を集めて国を相手に訴訟を起こす必要があります。もちろん、既に国が公に問題があったことを認めていることなので、個人で訴訟を起こすことができますが、手間と時間が非常にかかります。また、給付金手続きには専門的な内容になります。したがって、弁護士に依頼しなければいけません。しかしながら、どの弁護士事務所に依頼したらいいか迷ってしまいます。その選び方としてはやはり弁護士費用に注目することです。もちろん、B型肝炎給付金はその症状によって給付金の金額が決まっていますので、弁護士によって給付される金額が変わるということはありません。ただし、弁護士費用や手続きに必要な費用は弁護士によって異なります。一般的な相場としては給付金の10%前後が弁護士費用が多いです。したがって、弁護士事務所を選ぶときには費用を見てみましょう。ちなみに、弁護士費用は国の方でも一部負担してくれます。給付金額の約4%まではお金を出してもらうことができます。また、B型肝炎を専門的に扱っている弁護士が在籍している事務所もおすすめです。医療関係の訴訟は医療に関する専門知識が必要になりますが、そのような弁護士やスタッフがいればスムーズに訴訟手続きが行われます。B型肝炎の訴訟を起こすときにはきちんと弁護士を選びましょう。

Copyright© 2017 もしかして返還可能?過払いの問題を解決してくれる弁護士とは All Rights Reserved.